スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まさかのキノコ
Mon.16.08.2010 Posted in 出来事
0 comments 0 trackbacks
昨日の夕方、ラウンジガーデンの水やりをしていると、
なにやら黄色いものを発見。

暗かったので、ゴミでも落ちているのかと思い、拾おうとしたら、
よく見るとそれは、

なんとそれは、

あの、あの、まさかの

キノコでした!!!

IMG_7878.jpg

伸びっぱなしのキャットミントの間にひょっこり生えてました。
まぎれもなくキノコです。
キノコ好きな私は1人で興奮してしまいました!

触ったらボロッと倒れて抜けてしまったので、
中に持ち込んで明るいところで観察しました。

IMG_7883.jpg

どう見てもキノコです。

IMG_7884.jpg

ひだが美しいです。

IMG_7890.jpg

小さなキノコです。

いったいどこから胞子がやってきたのでしょうか?

ちなみにピョン太郎は先日の雨の日に旅立って行ってしましました。
ピョン太郎の代わりにキノコ!!

ピョン太郎からのプレゼントでしょうか?

何と言うキノコだろう?と思い、お店のキノコトランプで調べました。

IMG_7910.jpg

しいて言えば、これがよく似ていました。
しかしながら、ベルギーのトランプなのでわかりません。
キノコの種類は日本だけでも4000種類もあるみたいなので、
私にはわかるはずありません。

IMG_7897.jpg

キノコをまた土に戻しておきましたが、
今朝見たら、へなへなヨボヨボになっていました。
残念です。
また生えることを祈っております。

ラウンジルームのオーナーにキノコのことを報告すると、
私がキノコを植えたとあらぬ疑いをかけられましたが、
あくまで自然発生したキノコです。

昔、部屋で育てていた苔玉にもキノコが生えていたことがありました。
キノコはすごいです。

世界最大の生物はキノコだということを知ってますか?
一般的にキノコと思われている地上に出ている部分は子実体と言って、
植物でいえば花のようなもので、本体ともいえる菌糸は、
土の中の見えないところにあります。
アルミラリアというキノコの菌糸の部分が、一個体の面積が
15万m2、推定総重量は100t のものがアメリカで発見されました。

もしかしたら、もっともっと大きいキノコがあるかもしれません!

恐るべしキノコ。
不思議なキノコ。
キノコノコノコ。

IMG_7912.jpg

54種類、すべてが絵柄の違う、キノコ好きのためのトランプ。
キノコ好きで集まり、七並べをしたくなりますね☆

こちらはWeb shopでも購入できますよ。
こちらからどうぞ☆

Lounge room Web shop

« Emalia(エマリア)再入荷☆ | Home | fog フィードサックバスケット 入荷☆ »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。